エクササイズフィッシングのススメ 2

サイクリングロードを把握しましょう

エクササイズフィッシングの移動手段である、自転車に乗る時間を如何に楽しく安全に過ごすかを考えます。

サイクリングは、主目的の体力増強のメインの(EX)数値を稼ぎ出す重要な時間です。ルートを事前に把握する事で、有効な時間の使い方が組み立てられます。

ありがたい事に、現在、各都道府県は自転車専用道や、サイクリングロードを設け、より快適により安全に自転車が乗れる環境が整っています。しかも、釣りに人には最適な河川敷や海岸沿いに多く作られ、風景を楽しみながら走れます。

カメラにも興味がある方は、シャッターチャンスも多く、鳥や花に興味がある方は、沢山の出会いが待ち受けています。特に関西エリアは河川敷コースが充実し、釣り以外の目的でも走りたくなるコースが目白押しです。

私は釣りの計画を立てると、一度、事前に釣り道具を持たずに、サイクリングだけをします。

理由はルートを把握する事と、途中の立ち寄りタイムが楽しめる場所を探す事です。

釣りの荷物を持って走る際の危険地帯や、道路状況を確認します。行きと帰りのコースを変えたり、わざとルート外の道を走ったりしながら、土地勘を養います。

釣り場までの自転車専用レーンの把握、これも重要ですのでご確認下さい。

交通量の多い道路で、道幅が狭く歩道もないような道もありますので、事前確認すれば避ける事も可能です。下見は重要ですので、エクササイズフィッシングの基本として、サイクリングだけで楽しんでみるのをお勧めします。

梅雨の真っ只中ですが、地図を見ながらいろいろルート検索しながら、次回の予定を立てるのも楽しみ方の一つです。自宅でパソコンで手軽にルートを探せる現在の世に感謝し、便利な最新のシステムを手探り状態で勉強するのも、頭の体操の一つとして捉え、56歳の手習いを楽しんでいます。

サイクリングロードや自転車専用道で検索すると、新たな発見があります。雰囲気の良い喫茶店や、名もなき作家の造形物や焼き物、休憩に最適な図書館等、釣り以外の楽しみを探しながら、少額の予算で人生の幅が増えます。

何ったて「自転車」、道に迷っても細い路地に入り込んでも、小回りが自由に利き、迷宮するのも楽しみです。

ルート探索の下見だけでも、楽しい有意義な時間が過ごせ、何より「心のゆとり」の大切さを知ることが出来ます。

エクササイズフィッシング、先ずは「サイクリングロード」をしっかりと把握しましょう。

梅雨が明ければ初夏の風が心地よく、エクササイズフィッシングのベストシーズン。

いい汗流して、心も体もリフレッシュしましょう‼

エクササイズフィッシングのススメ 1

今ある自転車で始めました。

「釣りをしながら健康寿命を延ばす」をテーマに、日々アグレッシブに釣りと健康寿命の関連を考えながら過ごしています。健康促進効果を更に高める始めた「エクササイズフィッシング」。

今ある自転車とお持ちの釣具で、直ぐに始められるのが利点です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は写真のママチャリで頑張っています。そもそも、エクササイズって何ですか?と聞かれることがあります。

このブログでご紹介しましたが、エクササイズの明確な定義は無く、人によってさまざまな捉え方がされ、一般的なスタイルは総合的なトレーニングでしょうか。

筋トレ→筋力トレーニング、骨格筋の出力・持久力の維持向上と筋肥大を目的とする。柔軟体操→筋肉の進展性を養い、関節の可動域を広げる目的体操

上記の行動もエクササイズの内の一つと数えられ、複雑な動きを組み合わせたり
した場合に用いられるようです。

エクササイズはそのものは、特に指定された運動方法が有るわけではなく、幅広い意味での運動と生活活動が含まれ、自由度が高いのが特徴です。

仮に、散歩に出かけ河原でゴルフのスイングやバットの素振り、早朝のジョギングコースの途中の公園でラジオ体操等、色んなパターンで楽しみながら、自分の生活習慣の中に取り入れると効果的だと言われています。

特に厚生労働省は、運動と活動量の単位を「エクササイズ」と言葉で表現し、「運動強度の指標であるメッツに活動時間をかけた量の単位」を1エクササイズと
する事で、様々な運動の数値化を可能としました。その数値や目安は、厚生労働省のホームページ等でご確認ください。

ありがたい事にこの数値化は、自己管理の目安となり、モチベーションアップに繋がっています。

ちなみに、自転車の強度は4メッツで、徒歩では強度は3メッツと低めです。軽いジョギングでは、強度が6メッツもあります。

メッツ=身体活動の強さ

エクササイズ(EX)=身体活動の量 身体活動の強さ×時間(h)

成人の一週間の目安が、23(EX)とされています。23メッツ以上を習慣付ければ、成人病予防の効果があるようです。

エクササイズフィッシングを週に1度、下記のスケジュールで行うと仮定します。自転車で30分の釣り場。 往復1時間で1×4=4(EX)
移動しながらのエギング2時間。   2×3= 6(EX)合計10(EX)と、なります。*電動自転車は数値が変わります。

この数値の固定化が出来れば、後、週の内2度8メッツのランニングを1時間すれば、かなりの効果が期待できそうです。効果は直ぐには現れませんが、継続し習慣になると徐々に変化が見受けられます。

そして、肝心なのは「前向きに楽しく取り組む」事です。そして、目標を持ちことが大切です。私は大きな人生の目標「幸せな老後を夢見ながら釣りを楽しむ」。そして、個々に細かい目標を掲げています。

Ⅰ 体内年齢 マイナス10歳をキープ
Ⅱ 高血圧及び高脂血症の薬からの解放
Ⅲ 80歳まで現役で働く

この3つの柱に、その目標を達成する為の月毎週毎のメニューを、数値を見ながら改善を取り入れて、取り組んでいます。

皆さまも、ぜひ、自分なりの「エクササイズ」を!

【感動】は健康寿命と関係あるの?

認知症予防にも「感動」は効果あり?

爽やかな朝です。サッカー・ワールドカップロシア大会、盛り上げってますね。
戦前の予想をはるかに上回る、西野ジャパンの活躍。予選通過が、現実味を帯びて来ました。 やはり、日本代表の活躍は「元気」が貰えます。

特に逆境を跳ね返し、苦難の中から活路を見出す瞬間をリアルタイムで見ると、興奮度は極限に達して、より「感動」を与えてくれます。

「健康寿命を延ばす」を主題にしています私と致しましては、感動との関連を考えたくなりました。「感動すると長生きに繋がるのか?」いろいろ調べますと、
人は感動するとアドレナリンと言うホルモンが出るようです。

アドレナリンは、ストレスに対して最善の効能をもたらすホルモンです。新陳代謝が活性化します。明日への活力が、漲ります。劇的なゴールの瞬間、先ずは興奮します。

興奮する事により感情が覚醒され、ストレスの解放から快方に向かい、幸福感を覚えて安堵し満足する。

それまでのネガティブな思考が、ポジティブシンキングに変わり、元気エネルギーが増幅されるのが、感動の効果。又、感動はポジティブな気持ちにさせるだけでなく、「畏敬の念」を感じると言われています。畏敬の念を感じると、人はその感動について、もっと深く知りたいという思いが出ます。そして、積極的な行動を取り、細胞の活性化に繋がると言われています。

そして、認知症予防にも効果があるようなのです。感動する事により、脳内にドーパミンが分泌されます。

この効能は、意欲の向上・記憶力の向上・集中力の向上・疲労感の減少等「意欲を作るホルモン」と呼ばれています。だからこそ、感動できる人の脳年齢が若く、血流が良いから顔色も心も明るく元気、脳の老化防止に繋がるのです。

身が震えるようなリアルな感動をより多く体験する事が、健康寿命を延ばす事に繋がります。

そして、寝たきり期間を短くし、認知症に怯えない為に、たくさん「感動」しましょう。

その為に、西野ジャパン「頑張れ!」。

昨日、我が家の家庭菜園のトマトが、赤く色付いてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真っ赤になるのが、待ち遠しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トマトのリコピンは若返りの素、たくさん食べて元気を出します。元気が出たら、エクササイズフィッシングへレッツゴーです。

ラグビーとサッカー

「いいもの」見せて頂きました。

スポーツは、やはり「素晴らしい!」。

昨日の「ラグビー・テストマッチ 日本VSジョージア」

何と、世界最強と言われるジョージアのスクラムに、互角に立ち向かい、0点に抑える圧勝でした。

久しぶりにラグビーのテレビ中継を見て、思わず興奮しました。後半、優位に展開し、LOのファンデルヴァルトがトライ。その後、WTBのレメキ ロマノ ラヴァが、華麗なステップでゴールに持ち込み、リードを広げます。

そして、ハイライトシーン、NO8姫野君がやってくれました。待望のトライをあげてくれ、スタンドの大歓声。私も思わず「ヤッター」と声を上げました。

先日もイタリア相手に1勝1敗と互角に戦い、日本ラグビーが欧州勢とここまで安定した戦いが出来るようになり、ファンの一人として感慨深いものがあります。

2015年のワールドカップの南アフリカ戦での感動的な勝利からラグビー熱が高まり、日本での来年度開催のワールドカップに期待が広がっています。しかしながら、実際に世界の壁は高く、厳しい見方もされていました。

これまでのジャパンラグビーを知っている人は、日本のラグビーと世界のラグビーは別物で、実力差はかなりあると認識しています。確かに、新日鉄釜石・神戸製鋼の強いラグビーを見て、感動していましたが、世界との実力差は明らかで、平尾さんが現役で林さん・大八木さん達最強フォワードの時代でも、敵いませんでした。

大阪市内で生まれた私は、大阪府警や近鉄等身近に強いチームがあり、子供の頃からラグビーを見るのが好きでした。長い間、ラグビーを応援していましたが、まさか、世界相手に勝負できる日が来ることなんて、考えもしませんでした。

それが、昨日の圧勝を見て、遂に「ここまで来たんだ」と心の中で呟き、これまでのジャパンラグビーを支えてきた平尾誠二さんの事を思い出しました。

僕の中では、いまだに平尾選手の華麗なステップは記憶にあり、彼の存在なしでは、日本のラグビーはここまでの成長は無かったんだろうと思います。

そのラグビーの感動を引きずりながら、深夜のサッカー・ワールドカップを見ました。ドイツ対スウェーデン。初戦を落としたドイツが前半から果敢に攻め、優位に展開しますが、サッカーの落とし穴「カウンター」一発がもろに決まり、思わぬ失点。

まさか、ドイツが予選で敗退?

「戦は戦ってみないと分からないモノ」その通りだなと思っていたら、後半早々、同点に追いつき、流石はドイツと感じました。が、ロスタイムに入りましたが、逆転弾が出ません。

このまま勝ち点1だと、予選通過が危ぶまれます。

残り時間が後僅か、ゴール近くでフリーキックのチャンス。ここで見せたのが「ゲルマン魂」。良く言われる言葉ですが、クロースの放ったシュートはあまりにも美しく華麗に、しかも力強くゴールネットを揺らしました。「不屈の精神」と言われ、最後のホイッスルまで絶対あきらめない。この事が目の前で実際に起こり、1954年の西ドイツ優勝の再現かと思わせる、劇的な勝利でした。

何か、ドイツの連覇の雰囲気が出てきましたが、ゲルマン魂に負けない
我らが日本。

サムライブルーの勇者達が「大和魂」を見せてくれ、今日の試合を盛り上げて、日本中を再び歓喜にさせてくれることを期待しています。感動をありがとう見ているだけで力が湧いてくる。

スポーツ観戦で、沢山の事が学べます。ラグビーでは、人々の思いが繋がり今日の「力」となっています。自分の時代では成し遂げれないが、思いを次の世代に継承する。この事の本質が、ラグビーの精神なのだと、あらためて感じました。

始まりは小さな力でも、継続しながら力を蓄える。次の世代に、その蓄えた力をバトンする。繰り返すと、小さな力は大きな力へと変わって行く。

「継承」して行く。

思いを受け継ぐことの大切さを、学ばして頂きました。サッカーでは、本当に諦めない事の大切さを痛感しました。又、その為の自信となる努力を積み重ねてこそ、実現できる事を学びました。

「魂」を込める。

スピリチュアルかもしれませんが、奇跡は偶然ではない、日々の努力があり、挫けない精神力があり、生まれると感じました。

今、自分が活動している「釣りで健康寿命を延ばす」を、「継続」しながら「魂」を伝えていきたいと思っています。

そして、この活動をどこかの誰かが「継承」してくれればと、願っております。

50歳を過ぎてから考える事

人生の折り返し地点から、新たな事を始めるには「何」がキーワードだろうか?

皆さま、お健やかにお過ごしでしょうか。

今日は梅雨の中休み、良いお天気です。

と、言うか「暑過ぎ」ですね。

50歳を過ぎて、人生を振り返る事が多くなりました。
振り返ると、後悔する事ばかりが頭をよぎります。
貴方は後悔する事って、あるでしょうか?

私は一番後悔していることが、本当に自分のやりたい事が
分からなかった事です。

ただひたすら仕事と釣りに明け暮れ、気が付けば子供は成人し、
家庭から巣立って行きました。

家内と二人の時間を共有することも少なく、家庭内の事は全て家内に
任せ、休日は釣りばかりしていました。

具体的な人生の目標など、立てる事も考え付きませんでした。

皆さんは、どうでしょうか?

私は釣りが大好きで、釣りの世界に飛び込んだのが30半ば。

転職をあれこれ考えていたら、家内が「釣りが好きなら、シンプルに考えて
釣具屋さんに行けば」、この一言で迷いが吹っ切れて就職しました。

それからは自分の釣りの世界が広がり、楽しくて仕方がありませんでした。
「好きこそものの上手なれ」の言葉通り、仕事も苦にならず、
どんどんいろな釣りを吸収して、釣りの世界が広がりました。

が、釣りの技法ばかり追い求め、釣果優先で釣り本来の楽しみ方を
考えず、家族との釣りの時間などほとんど無く、子供と一緒に
釣りをした回数は数えられます。

釣具店の店長を20年近くも携わって来たのに、釣りを仕事と意識し
過ぎたのか、釣りと家族の結びつきは考えませんでした。

釣り本来の楽しみ方を考えてみようと思い、テーマを探していました。

以前、仕事で釣りの普及の為、高齢者の釣り教室を募集して上手く
行かなかったことを思い出しました。

何故、人を集める事が出来なかったのだろうか?

高齢者にいきなり、釣りをするのはハードルが高いからなのです。

釣りをするのには、ある程度体力もいりますし、技法も必要です。
さほど難しくもない事で、子供に出来ても高齢者には対応できない事が、
沢山ある事が解りました。

高齢者には時間が必要です。

釣りが出来るようになりますが、一日での教室では難しいです。

キチンとしたカリキュラムを作成し、段階を踏みながら、
一人ではなくグループで楽しく行う機会が必要だと痛感しました。

今後、このテーマについても取り組んで行きたいと考えています。

一人の人が、新しい事(趣味や習い事等にチャレンジ)を始めるには、何歳から始めれば、取り組みやすいのでしょうか?

私は「仮の年代を50歳」として、考えてみました。

何故かと言うと、人生の折り返し地点で、自分もそうだから
「振り返る人」が多いのではないのかな?と、考えました。

その際に「趣味」や「始めたい事」も、考えるのではないでしょうか?

老後を如何に過ごすか、仕事一辺倒で「付き合いのゴルフ」ぐらいで、
後はお酒が友達と言った人も少なくないような気がします。

又、体力もそれなりに残っていて、少し負荷を掛ければ、
筋肉も戻る年齢です。

もちろん、40歳でOKですし、スタートが早ければそれだけ、
呑み込みも早いだろうと思います。

そこで、釣りを始めるのには、魚を釣る事が理由だけではない、
楽しみ方はないだろうか?と、考えていました。

そこで、「釣りで健康寿命を延ばす」と言うテーマが出来て、
私と同じように「幸せな老後を夢見ている」50代の方に、
釣りを違う視点で見てもらい、ブログを通して健康寿命を
それぞれの方が、それぞれの考えで始める機会となれば、
こんなにやりがいのある活動は無いと、思っています。

新たな事を始める「キーワード」。

私は「健康寿命」だと思っています。

家族が幸せに感じるのも、貴方が健康なのが一番だと思います。

笑顔で毎日過ごせる環境、「頭と心と体」を整える事だと思ています。

と、言う事で、「頭と心と体」を整える為に、天候が回復した昨日、
エクササイズフィッシングに出掛けましたが、又、タチウオには
振られました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回も、夕焼けだけでご勘弁ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さまも、「後悔」することの中に、「あの時に健康についてもっと考えておけば良かった」、と思う事の無いように、
今から、「頭と心と体」を整えませんか?

寝たきり期間を短くするには、どうすれば良いのか?

このブログを始めた思い、寝たきりになりたくないからでした。

寝たきり状態と認知症、なりたくてなる人は居ません。

しかしながら、現在の日本では増加の一途です。2020年には65歳以上人口のの18%、およそ600万人が認知症に掛かると予測されています。又、平成20年の資料で、要介護要支援認定者数は約455万人。その中でも異常数値が、高齢者の要支援者の急増です。

平成17年には約67万人が、平成20年には約118万人と異常な速さで増加しています。

2025年問題として取り上げられている、超少子高齢化社会の問題。このまま加速度的に、認知症患者と要介護者が増加すれば、社会保障はどうなるのでしょう?

認知症になりたいと思ってなる人は居ませんよね。

 

私も、なりたくありません。ならない努力をしよう。その行動を始めよう。

「大好きな釣り。この釣りをしながら、健康寿命を延ばす」そして、【釣りと健康寿命の関連】を考えようと、決心しました。子供の将来、孫の未来の事を、ほっとけません。

私の夢見る老後は、80歳まで元気に働き、その後を老後として、趣味と実益を兼ねながら、少しでも社会貢献しながら家族や友人と楽しい時間を過ごし、ピンコロ(ピンピン長生き、ころりと往生)で人生を終える事です。

今や人生100年時代、60歳は働き盛りです。昭和の時代から、プラス20年で考えようと思っています。その為の自分自身の活動が、釣りをしながら健康寿命を延ばす事です。

私の基本が「ノンストレス生活」を心掛ける。

ストレスを感じる事はしない。怒りをコントロールし、出来るだけ穏やかに過ごしたい。正直な所、これまで短気で怒りっぽく、家族に迷惑を掛けたり、損したりしたことも幾度もあります。仕事上で、山ほどストレスを抱えた事もあります。

フリーランスになり、お金には代えられない「モノ」を知り、生きる事の本来の意味を深く考える時間が出来た事で、家族の在り方や友人との付き合い方が解りました。

「お金」があるから見えるモノと見えないモノがあり、「お金」が無いから必要なコトと必要でないコトが解ります。私はモノは、形あるものと考えています。コトは、形が無いものと思っています。

健康寿命を延ばすには、お金で解決する場合もあるでしょうし、お金がなくとも取り組むことは出来ます。

私は「継続」が健康寿命の取り組みの、キーワードだと思ってます。

お金を掛けて短期間にダイエットを成功させても、リバウンドすれば無駄なお金と時間の使い方になります。過剰なサプリメントのとり過ぎも、問題化されつつあります。お金で買えないモノの一つが、ルーティンワークだと思います。健康寿命を延ばす取り組みも、ルーティン化出来れば効果が出やすくなります。

継続を容易にするのが、大好きな趣味をしながら改善する取り組みです。その改善数値を見える化すると、更に楽しみが増えます。

何よりも、好きな事は取り組み始め易いことです。行動が起こし易い事が、大切だと思います。「好きこそものの上手なれ」です。

楽しくなると、更に「良い結果」を目標にします。これは、健康の取り組みの「PDCA」なのです。

皆さんが仕事場で取り組んでいる、業務のPDCAと同じ効果です。

寝たきりになりたくない、その強い思いが「健康寿命の意識」です。その為に取り組んだ「釣りで健康寿命を延ばす」。その楽しい取り組みに、サイクリングを複合させたのが、「エクササイズフィッシング」です。

ストレスを楽しさと喜びに変え、怒りを優しさに変える。人を嫌うより好きになる方が、幸せになれる気がします。そんな楽しい時間が持てる「エクササイズフィッシング」に、して行きたいと思っています。

楽しく生きて、他人と喜びを分かち合い、幸せを共有できる
時間をたくさん持つ。その為の健康寿命を延ばす取り組に全力で、取り組む。それで、もし、寝たきりや認知症になっても、悔いはありません。

天命はその人に与えられた、使命だからです。使命を持って生きた事を、誇りに思う生き方がしたと願っています。

和歌山北港魚釣り公園で「タチウオ」釣れた情報が入りました!

今シーズン初の「タチウオ調査」、ワインドでチャレンジ。

一昨日、知人から「北港魚釣り公園の3番で晩7時過ぎ、タチウオが釣れていた」との情報を頂き、その日の午後2時過ぎより急遽出陣しました。

先ずは1番の階段下ポイントで、大好きなカゴ釣りでスタート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕暮れの大アジが狙い目で、数は少ないが30cmクラスも出ています。

タナを6ヒロで開始。一投目からウキが入ります。20cmオーバーのチャリコ。
幸先良しと、気持ちが高ぶります。左に良く流れる潮で活性が良いのか、毎回サシエが取られます。数投目、気持ち良くウキが消し込み、先程のチャリコと同サイズが釣れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、少しタナを上げて5ヒロに設定。良い感じにウキが馴染んで、潮に乗っています。暫く流していると、瞬時にウキが消し込む会心のアタリ。アワセると強烈な引き、グイグイと竿を絞ります。が、中層付近から左に走り出し、ボラと判り「ガッカリ」。久しぶりに、巨ボラに遊ばれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暫くすると潮が緩みだして、サシエが残ります。夕暮れ近くに、左右両隣の釣り人に良型アジが釣れます。右隣の人は、30cmオーバーの良型アジ。ジアイ到来とばかり、期待を込めて投入を繰り返しますが、私のウキは沈んでくれませんでした。

午後6時40分にアジを諦め、タチウオ情報の3番へ移動。日が傾きかけた好ジアイ、3番の真ん中はイワシが湧いています。

これは期待大。ワームに願いを込め、セッティング。フルキャストで、沖を攻めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右にキツイ目の潮が流れ、着底まで時間が掛かります。タチウオ情報が少ないのか、3番には1名の釣り人のみ。繰り返し、丹念にキャストを繰り返し、ポイントを変えながら、4番付近まで探りましたが、午後7時40分に諦めました。

雰囲気は悪くなく、イワシの回遊も多いので、条件が合えば爆釣の予感がします。

先日も、雑賀崎の漁船団の水揚げをチェックしてきましたが、タチウオが大漁に上がっていて、指4本までは100円で販売。5本クラスでも、300円の値段でしたので、豊漁の感じです。ちなみにマアジは値が高く、20cmで1匹100円でした。

今回は残念な結果に終わりましたが、今シーズンは期待が持てそうな紀北のタチウオです。

釣りと健康寿命も忘れてません。1番から6番ポイントを往復歩き、約全長1キロのポイントですので、良い運動になります。6番ポイントはアジの確立が上がり、釣り人はやはり多い目でした。平日は釣り人も少なく、午後からはのんびり釣れ、ストレスなく楽しめます。

又、釣れない時間は階段を利用した運動や、釣果取材を兼ねた歩行で運動時間も作れます。

カゴ釣りに興味がある人、タチウオ釣りにチャレンジしてみた方、
場所は比較的に空いていますので、練習がてらに和歌山北港魚釣り公園で釣りしませんか?

ついに体重が60キロを切りました!

念願の目標達成しました。

皆様、お健やかにお過ごしでしょうか?

昨日の夕方よりタチウオ調査の為、和歌山市内の釣り場をウロウロチェックしてまいりました。しかしながら、反応は全くありませんでした。でも、2時間半のエクササイズフィッシングでしっかりと汗をかき、その後、1時間弱のジョギングをして帰宅。

お風呂前に、体重測定。

「59.80㎏」と体重計のデジタルが示しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

思わず「やったー」と声を上げ、家内を呼びました。

「あんた、遂に大台越えたね」と、喜んでくれデジカメを持ってきてくれました。高血圧と診断され、体重を意識しだしてから11年。73キロを超えていた体重が、コツコツと日々のトレーニングが実り、念願の60キロを切りました。

禁煙からの体重増加を経験し、肝臓の数値異常を改善し、血糖値の高さを気にしながら、全てを改善するには体重減と筋肉量の増加を決意し、いろいろとトレーニングを工夫しながら、この日を迎えました。

私の基本は「ストレスを感じさせない」です。

ストレスを感じて行動すると、頭にも心にも体にもよくありません。だから、お酒もよく飲みます。適度な休肝日を設け、好きなものを頂きます。食事の制限は、お酒を飲む日のご飯を食べない事のみ。

只、日々のトレーニングは続けました。週3回の1~2時間程のジョギングとラジオ体操やフィットネス。最初の1年間は69㎏まで直ぐに落ちましたが、そこからは
なかなか減量が出来ませんでした。

「じっくりと時間を掛け、しっかりとトレーニング」を決め、焦らずに気長に体を作って行こうと考えました。

当時、整体クリニックに通ていて、そこの先生に「20代のベストの体を25年掛けてブクブクにしたんだから、10年ほど掛けて戻すことを目指しましょう」と、アドバイス頂きました。その言葉は当時さほど意識はしませんでしたが、リバウンドしない減量は時間を掛けた方が良いと考えていました。

そして、昨日ついに待望の60㎏を僅かながらも切り、目標達成に感無量です。

今後の目標は、如何に「キープ」出来るかです。「継続は力なり」を守り通します!

釣りで健康寿命を延ばす」をテーマに掲げ、釣りをすると長生きが出来て、幸せな老後を夢見る事が出来る事を実証する為、取り組んでいる「釣りをしながらのトレーニング」。その中から、より楽しさと効果を求めて考えたのが、「エクササイズフィッシング」です。

体内年齢もバッチリ「41歳」をキープしております。今後もBMIをはじめ、色んな数値を公表して行きます。

「エクササイズフィッシング」の効果を、私の体で実験としながら実証し、少しでも皆様の健康増進のヒントになればと思っています。

釣りの楽しさを伝えたい!健康寿命を延ばす、大切さを伝えたい!人生の素晴らしいひと時を、共に過ごせたら最高ですよね。

時代のパスワード エクササイズフィッシング

釣りをしながら健康寿命を延ばすには、プラスアルファすると楽しさと効果が倍増!

最近、下津ピアーランドの筏で「カワハギ」が絶好調。船釣りサイズが上がり、30cmクラスも混じるようです。筏料金が2160円。船釣りより、お得な気がします。カワハギファンの方、一度、チャレンジしてみては?

話題を変えます。自転車時代の到来。

日本と中国の人口100人あたりの保有台数、どちらが多いでしょうか?正解は日本です。ご存知でしたでしょうか。

日本が68台で、中国は31台です。

「日本人が何故、自転車に乗るのか理解できない」そうです。日本は経済が発展し、公共交通機関もキチンとあるのに、たくさんの人が自転車に乗る事が不思議で、中国では貧しい人が乗る乗り物で、富裕層は電動自転車の普及率が高く、健康の為の自転車意識が少ないらしいです。

そして、現在では自転車の年間販売台数は若干減少していますが、ロードバイクやクロスバイクと言ったスポーツ自転車が、凄い勢いで販売台数を伸ばしています。

自動車離れの若者の移動手段、健康を意識したサラリーマンの通勤の足、ミドルからシニア層がツーリングやポタリングで健康促進と趣味を兼用として、各世代で増加しています。各自治体はこの傾向を良しとし、サイクリングロードの整備や自転車専用道の設置で「安全」を後押ししています。

今朝のテレビ番組「がっちりマンデー」でも、好調な自転車業界が話題に取り上げられ、今後の成長速度も期待が持てそうです。

と、言う事で「エクササイズフィッシング」は、時代のパスワードでは無いでしょうか?

釣りと言う楽しい趣味と、自転車と言う見直された価値観、共にキーワードは健康寿命に繋がる行動。

釣りは単に「大きな魚を釣る」「たくさん魚を釣る」時代ではありません。家族や友人、あるいは一人の時間を楽しみ、有意義な時間を過ごす選択肢の一つです。

その中で、釣りはたくさんのジャンルと、たくさんのターゲットがあり、フィールドの選択で色んな楽しみ方が出来ます。

自転車がより身近になり、操作性が向上し、環境が整備されたなら、釣りの足としてだけでなく、楽しみの一つとして加えて、同時に健康促進もさらに向上する事が出来れば、最高ですよね。

「エクササイズフィッシング」を合言葉に、新たな時代の釣りの形を模索しながら、「より楽しく・より健康的に」を目指します。

梅雨の晴れ間が続いています、今日も自転車で漕ぎだします!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

*水温が上がるとバリコが増えます。毒のあるヒレ等ご注意下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

又、サンバソウもあちこちで顔が見れてます。こちらは高級魚ですので、狙って下さいネ。

和歌山北港魚釣り公園でカゴ釣りしてきました

出ました、良型チヌ。

久しぶりに「遠投ウキが沈むの見たい!」と、
元来カゴ釣り大好きな血が騒ぎ、朝からの小雨が
止んだ午後1時半、自宅を後にしました。

先日より30cmオーバーのマアジが釣れ出し、
型の良いグレも連日顔を見せている「和歌山北港魚釣り公園」
に場所を決め、車を走らせます。

曇天で暑さもやわらぎ、気持ちの良い風が吹き、
釣りをするには「持って来いの」環境です。

人気の1番のポイントも、平日の午後で天候が
イマイチなので空いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先ずは5ヒロのウキ下で、打ち返します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サシエが取られないので、1ヒロ下げます。

午後3時過ぎ、隣の釣り人に20cm程のチャリコ。
続けざまにウキが消し込まれ、30cm弱のグレ。

ジアイ到来か?と、期待を込めて、ウキを見つめます。

潮に流れていたウキが、モゾっと一瞬止まり
ゆっくりと海中に沈んでいきます。

糸ふけを取り「ビシッ」と、アワセを入れます。

竿先にかなりの重みを感じ、暫く動きません。

強引に浮かせに掛かると、グイグイと重みのある引き。
瞬時に良型の魚と判断し、ゆっくりやり取りします。
暫くすると、竿先をたたき出し「良型のチヌ」かなと、
引きを楽しみながら魚を浮かせに掛かります。

海面に姿を現したのは、予想通りのチヌです。

隣の釣り人が、「ええ型のチヌや。すくったげるね。」と、
タモ入れをしてくれました。

久しぶりのチヌの姿、しかも、如何にも「黒鯛」らしい
美形で風格ある魚体です。この魚の人気を再確認しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、続けざまにチャリコが2匹釣れ、さあ、後は
デカいグレと30cmオーバーのアジを釣るぞ!と、
気合が入ります。

が、話はそう上手くいきません。

その後、午後7時まで竿を振りましたが、フグのみで終了。

アジは6番ポイントのみ、上がっていたようです。

お決まりの「気持ちの落ち着く、素敵な夕日」で、締めくくります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

只、夕暮れのイワシの回遊が凄い群れだったので、
青物・ヒラメ等がかなり期待が持てそうなのと、
タチウオの気配は濃厚と見ました。

近々、調査釣行を行いたいと思っています。

水温が上がってきて、紀北の海も釣りものが賑やかになって来ました。

釣行回数も増やし、更に、釣りと健康寿命を深堀します。
そして、エクササイズフィッシングも行動範囲を広げ、
活動内容をよりアグレッシブで行きます。

今後のブログ記事に、ご期待下さい!