禁煙と節酒のお話

健康寿命を意識し、楽しい老後を過ごす為の行動です。

「節制」嫌な響きで、何か無理から制限しなければならない気がしますが、
不摂生な生活リズムを繰り返していると、気が付けば体がの動きが思い通りにならない事に繋がり、後悔をする事になります。自分自身の為だけでなく、周りの人々をも幸せな気持ちにさせる「元気溌剌」を出来るだけ長く維持する事が、大切ではないでしょうか?

出来そうで出来ない「禁煙」

タバコの場合は「節煙」より「禁煙」が大事です。私の若い頃は成人男性の80%以上の喫煙率が有り、お酒を飲むのと同時にタバコの嗜みも、大人の仲間入りだと考えていました。それが現在では30%を切る数値で、健康被害の認識が浸透しています。又、価格の上昇を考えれば、節約の対象に真っ先に思いつくでしょう。

「よし、禁煙しよう」と思っても、個人での成功率は禁煙外来での成功率70%の4割以下だと言われています。「よし、今からタバコを止めよう」と、決めたその瞬間からタバコを吸う事を止めれる人は、禁煙成功率が高いようで、「明日から止めよう」とズルズルタバコの本数を減らす人は、禁煙外来を受診するのが、禁煙への近道だそうです。

私も40歳過ぎまで、最低1日一箱はキャスターマイルドを吸っていました。健康を意識して、禁煙にチャレンジ!無事に成功し、今ではタバコと無縁の生活を手に入れました。

休肝日を作る事が「節酒」のスタート

私も40歳まで病気の日以外は、365日のほとんどで晩酌を楽しんでいました。しかしながら高血圧が発覚し、自分の身体の状態を振り返ると、どっぷりメタボリックシンドロームの状態でした。それから、50歳までの期間「週に一度の禁酒日」を設け、実践を続けてきました。そして、55歳までに「週に二度の禁酒日」の期間を経て、現在「週に三度の禁酒日」を実施しています。

いきなりお酒を飲まない日を作るのは厳しく、アルコールを飲まなければ眠りにつくのに苦労しました。しかし、体重減少を目標に決め、走り込みが出来る体作りにチャレンジ。次第にお酒抜きの日も慣れ、自然と眠りに付ける事が出来ました。

無理な禁酒は長続きしません。最初は月に一度とか、緩い目にスタートしても良いと思います。節酒する事が大切で、長い期間の目標を立てて、継続する事が重要だと考えましょう。

「禁煙」と「節酒」は運動習慣に繋がります

体作りの基本は”食生活”です。禁煙する事でご飯の味が分かり、食事が美味しく頂けます。 節酒する事で肝臓の負担を軽減する事は、疲労回復にも大切な事で、最終的には節酒する事で、人生の後半まで楽しくて美味しいお酒が飲めると考えています。

肺と肝臓を整える事は、臓器全体にも良い影響を与えて、運動能力向上に繋がります。

楽しく・面白く・元気で釣りがしたい!

その為には、体の内側を整える事が重要なのです。

もうすぐ、桜も咲きます。”春本番”です。

いよいよ、エクササイズフィッシングの季節です。

専用ロッド及び専用仕掛け等、企画商品を考えています。

さあ、健康寿命を延ばす釣り活動、本格スタートです!

これから釣りを始めたい「ミドルからシニア」の貴方へ

決して”ハードル”は高くありません!

釣りを始めたいけど、この年齢からでも出来るのかな?と、躊躇されているミドルからシニアの皆さん、大丈夫ですよ!「50歳からの手習い」ではありませんが、釣りは”ほんの少しのコツ”さえ理解できれば、十二分に楽しめる趣味なのです。

そして、釣りを楽しむだけでなく「健康寿命に良い影響」を与え、釣りをしながら「体と心を鍛える+食の改善」にも取り組む事が出来る、そんな複合的要素がたくさん含まれている「中高年に最適な趣味」なのです。

★ 一番最初に行動して頂きたい事

釣りを始めたいと迷っている「貴方」、起こしてほしい行動は”釣具店”に足を運んで欲しいのです。ネットや本で調べる事も大切ですが、釣具店に赴いて「釣りを始めたのですが・・・」と相談してみましょう。

貴方の行動範囲を考え、移動手段を検討してくれ、初心者に最適な釣りをセレクトしてもらい、釣り場をピックアップして頂きましょう。 先ずは、自分のテリトリーで、どんな釣りが可能なのかを把握し、自分なりの釣りの楽しみ方を考えてみましょう。

*この時点では、道具の購入は控えて下さい!

★ 楽しみながら、持続できる事が大切なのです。

魚が釣れると楽しいですし、一杯釣れると面白さも増します。ましてや、大きな魚が釣れると興奮度も上がり、ヤミツキになります。しかしながら、偶然に大型が釣れる楽しみより、行く度に少しづつ「頭と心と体が整う」楽しみを見つけると、僅かな釣果でも有意義な時間が過ごせる事に喜びを感じ出します。

川釣り・池釣り・海釣り・船釣りetc.、釣りは沢山のジャンルで楽しみ方が有り、ターゲットが有ります。自分のテリトリーで、継続して釣行できる「マイポイント」を見付けましょう。そして、一つ一つ階段を昇るように日々の課題を持ちながら、グランド・ジェネレーションはヤングと違う釣りの楽しみ方を模索して下さい。

*釣りの練習が出来る場所を見つける事が、長く続けられるポイントです。

★ 道具を持たずに、釣り場に行ってみましょう。

釣具店で相談した後、おススメの釣り場へ釣具を持たずに覘きに行ってみましょう。いきなり道具を担いで行くより、下見を兼ねながら雰囲気を感じてみましょう。その釣り場でどういった人々が釣りを楽しんでいるのかを把握し、間がよく同世代の釣り人を見付けたら会話してみましょう。思わぬ出会いで、釣り仲間が出来るかも?

そんなふれあいも、釣りの楽しみの一つです。釣り場までの凡その時間や、釣り座の状況などが分かると、準備がし易くなります。

*自分が過ごしやすい雰囲気の釣り場が「最適」です。数か所、回ってみて下さい。自分に適した場所探しも、長続きの秘訣です。

★ 釣り場での状況や情報を釣具店のスタッフに説明し、自分に最適な道具を選んでもらいましょう。

いよいよ、道具を購入する段階です。最初に教えて貰った釣り場を回り、自分がやってみたい釣りと釣り場を伝えましょう。初心者の方でも長く使用できる商品を選んで頂き、メンテナンスや仕掛けの説明等、この機会に「疑問点」をぶつけて下さい。

この時に遠慮なく聞けるかどうかが、このお店との相性の判定にもなります。釣り人は自分一人で学ぶより、現地の釣り人や釣具店のスタッフから学ぶ方が、より確かに上達します。

*新たなコミュニティを築く事が、貴方のフィッシングライフを豊かにしてくれます。

さあ、釣り場へお出掛け下さい。

貴方の「フィッシングライフ」のスタートです。