和歌山北港魚釣り公園を再開したい!

管理会社に連絡してみました。

先日、和歌山北港魚釣り公園の管理会社「日本製鉄株式会社和歌山製鉄所」の担当部署に電話してみました。釣り公園管理担当者の方に「和歌山北港魚釣り公園の再開の目途は、立たないのでしょうか?」と、ダイレクトに核心を質問してみました。

「予算等の都合があります。大変に難しい課題で、現在の時点では再開の時期の見通しはありません。」

解っていたとは言え、現実的にハッキリと管理運営会社からこの回答を聞くと、少しショックを覚えました。最盛期は前日の夜中から場所確保の為に並ぶ車が見られ、人気釣り場として隆盛を誇っていた釣り公園が、時の流れと釣果などの影響で来場者が激減し、経営的にも大変なのは理解できます。

しかしながら、運営方法を見直せば、活路は有ると思います。イベントやアピールポイントを的確にすれば、挽回策は無いとは思いません。”釣りの管理施設の使命感”を持った、運営者が前面に立って頂き、長期的な視野と公共性を融合させる事で、和歌山県や和歌山市の「観光面」での貢献も考えられると思います。

「一日だけのイベント運営で使用は出来ませんか?」と聞いてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和歌山北港魚釣り公園の運営再開はいきなり厳しいと思っていますので、出来ればイベント等での期間限定での使用が出来ないか模索してみました。私の夢の一つに「波止のカゴ釣り選手権」を、波止カゴの聖地の一つ「和歌山北港魚釣り公園」で開催する事です。もう一つが、みんなが楽しめる”ショアジギング”のイベントです。

この釣り場の特徴の一つ”波止でのカゴ釣り”が上げられ、和歌山の代表的なアミエビ主体の波止でのカゴ釣りファンが根強く存在します。又、潮通しの良さが魅力の釣り場で、近年、青物が手軽に狙えるとあって、ソルトルアーファンにも大変人気の釣り場として、多くのルアーマンに愛されていました。出来うる事なら「釣りイベント&大会」でこの釣り場の価値観を示して、この釣り場の再開の一助にすることが目的であります。

しかしながら、安全面や運営面での問題等が課題とされ、貸し出す事は”不可能”と言う回答でした。

私個人の活動だけでは限界が有り、今後に向けて「団体交渉戦略」を構築したいと考えています。

沢山の人の思い出が詰まった素晴らしい釣り公園。この釣り場を復活するには「釣り場を大切」に考える人々が、和歌山市のこの地に「釣り公園」の必要を、より多くの人々に感じてもらう行動が必要なのです。大きな台風の被害にあったのは、この釣り場だけではありません。まして、魚影の濃さや釣り場のポテンシャルが高いのです。

長い歴史のある釣り公園を、廃れさせてしまって良いのでしょうか?一企業の考えで無く、多くの意見を求めて「企業価値の上がる施策」を取り、本業にも良い効果が見出せる策を考えるべきだと思っています。あの素晴らしい笑顔と歓声が上がる「釣り公園」を”蘇らせる”事が出来れば、波止釣り文化の視野が広がります。

広大な釣り場で、エサ釣りとルアー釣りが楽しめる。

近畿で都心に近くて”春夏秋冬”を演出できる釣り場、和歌山北港魚釣り公園に再び釣り人の姿を!

諦めません!その為にも「釣り人の力の集結」を紡ぎたいのです。

早起きは三文の徳ですね♪

待ちに待った”タチウオシーズン”到来!

8月後半、近年、和歌山市内の太刀魚の聖地化とされ出した「水軒港内ポイント」に、今シーズン初の”ワインド釣法”でサーベルフィッシュの調査に出掛けました。お盆明けから良型のタチウオが釣れ出すこの場所は、平日と言うのに広大な埋め立て地の岸壁がタチウオファンで満員になります。上手く空いた場所を確保する為に、午前3時起床です。眠い目を擦り乍ら、水軒鉄鋼団地前の埋め立て地を目指します。

さあ、いよいよ今シーズン最初のタチウオ釣りが始まります。

【え~、本当かな?いきなりヒット!】

現地到着後、空いている場所を見つけてワインドをセッティング。キッチリと底取りをしてから、ゆっくりとアクションを入れます。2度ほど軽くシャクリを入れ、その後、連続してシャクリ上げます。すると、いきなり「ガツン」とアタリがあり、ロッドが気持ち良くしなります。アワセを入れると上手くノリ、力強い引きがロッド全体に伝わります。

「これは、なかなかのサイズや」と慎重にやり取りします。波止際まで数度の締め込みがあり、無事取り込めたのは指4本を超える良型。シーズン最初の釣りでいきなりF4クラス、出来直ぐな釣果に驚きながら写真撮影。時刻を見ると、午前3時40分。やっぱり、早起きはするものですね~♪

【人生はそんなに上手くいくものではありません】

「こんな出来すぎな事、有るのかな~?」と一人ほくそ笑ます。「今日は何本タチウオが釣れるんだろう」と心の中で呟きながら、キャストを繰り返します。
しかしながら、その後、何度も繰り返しますが、アタリがありません。アクションや巻く速度を変えますが、反応はありません。周りのウキ釣りの釣り人の皆さんも、ダメな感じです。

うっすらと夜が明けてきて、ベストタイム突入。しかし、スカッとするくらい、何にも起こりません。早朝5時を回ると朝日も昇り、気配も無くなります。
釣れすぎるより、1匹の方が次回への期待が持てます。又、ナニクソとやる気も湧きます。人生は上手く行く時より、行かない時の方が楽しいのです。
と、慰めながら帰路につきます。

【粘り強く頑張ると、ご褒美はやってくる】

二日後、今度は夕方に水軒へ釣行。やはり、平日なのに、沢山の釣り人がウキでタチウオを狙っています。関西での波止のタチウオ人気は年々熱くなり、盛り上がっています。空いている場所を確保し、ワインド釣法開始。いつもの如く、底取りをキッチリしてからアクション開始。

投げても、巻いても、この日も反応がありません。でも、根っからの釣り好きなので、苦になりません。釣りをすること自体が幸せで、楽しいのです。午後7時を回り辺りは真っ暗に、陽が沈む前の好ジアイもアタリなく、このままボウズで終了かと思いながらも、丁寧にアクションを繰り返します。すると、波止際5メートル手前で「ゴツ、ゴツ」とアタリがあり、合わせるとグッグッと上手くノリました。程よい抵抗で釣れたのはF3クラスのレギュラーサイズ。

やっぱり、諦めずに頑張ると良い事があるんですね~♪

【早起きは三文の徳】

”健康寿命を延ばす釣り”には、早朝の釣りは最適です。朝日を浴びる健康法は、たくさんの本に記載されて実証ずみです。又、朝マズメは釣果の期待も大きく、澄んだ空気も美味しいのです。休日の一日の活用も時間的な幅が出来、過ごし方に余裕が出ます。心身ともにリフレッシュ出来る、早朝オンリーの釣りもおススメです!

*追記 タチウオは体にとっても良いお魚なのです。

●DHAやEPAがテンコ盛り

タチウオに含まれる脂肪酸の中には脳細胞や神経組織細胞の発達や機能維持に重要な働きをするDHAが1含まれており、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減ら巣だけでなく、善玉のコレステロールを増やす働きがあると言われております。それだけでなく、血圧や血中脂質濃度を下げる作用があるとされるEPAも9多く含まれているのです。

●脂溶性ビタミンのA、D、Eもたっぷり

タチウオには脂溶性ビタミンであるビタミンA・ビタミンD・ビタミンE等を多く含んでいます。ビタミンDには骨の形成や維持に必要なカルシウムやリンの吸収を補助する働きがあり、ビタミンEやAには抗酸化作用で、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防と改善に効果あり。

釣って楽しい、食べて美味しい、しかも、健康にも良い”タチウオ釣り”。

これからが本番です!

ぜひ、チャレンジを!!