紀北の海にも、冬には冬の釣りモノが有ります♪

カゴ釣りで釣る”メバル”は「いとをかし」。

水温がグーンと下がる12月中旬、紀北の人気釣り場「田ノ浦」へ釣行してきました。今回は冬の魚の代表魚を、大好きなカゴ釣りで狙います。ルアーやエビ撒きで狙うメバルを、アミエビの撒餌を使用してのカゴ釣りで楽しみます。
さーて、どんな釣りになるのでしょうか?

「メバルの煮付けが食べたい!」妻のリクエストに応えます。

北風が吹くとお鍋の季節。でも、煮付けに最高な根魚が旨くなるのも、冷たい木枯らしが吹く頃です。「久し振りに、ガシラかメバル釣ってきて」の妻の要望を叶えるべく、メバルの実績の高い田ノ浦で早朝から頑張ります。

根魚狙いの場合、出来るだけ波止の真ん中の”姥岩”に近いポイントを選択し、中層よりやや下のタナを攻めて行きます。

冬でもエサ取りの活性が高い!

水温が下がるとエサ取りも減る。いえいえ、真冬の水温でも紀北のエサ取りは元気です。何度も打ち返すも、サシエが残りません。オセンとフグの猛攻。隣の釣り人がキタマクラを釣り上げ、ボヤキます。
しかも、少し手前に突いてくる嫌な潮の動きで、本命のアタリが有りません。

こんな時は、ドンドンとタナを浅くします。
潮の動きが変わり、メバルの動きが出て来た時にアジャストするのを待ちます。

潮の変わり目で「チャンス到来!」

少し左前方にウキが出だしました。待ちに待った、潮の動きに変化が出ました。「今がジアイ」とばかり、竿を持つ手に力が入ります。ウキを見る目も真剣度が増し、気持ちが逸ります。良い感じで、ウキが潮に乗ってます。

遂に来ましたこの瞬間。スーッと遠投ウキが海中に消し込み、良い感じに竿が曲がります。20cmオーバーの本命です。3投後に15cmを追加。その後、満潮を迎え潮が止まり、ウキに反応が無くなりました。妻と二人、この二匹で充分と納竿。

根魚釣りもたくさんの釣法があり、それぞれに楽しみ方が有ります。ぶらくりから胴付き仕掛けに、チョイ投げ等でも遊べます。流行りの深夜のルアーで狙うメバリングを面白いです。でも、私はメバルもカゴ釣りで狙うのが、大好き。

そして、和歌山の海が大好き。冬場の北西風にも強く、魚種も豊富な素敵な釣り場。本当に有難いです。

今回も素晴らしい雰囲気の中、趣のある釣りを味わえた「紀北の海に感謝!」。

*妻の手料理のメバルの煮付け。冬は少し濃いめの味で頂きます。
 温めの燗酒で頂くと「タマリマセン♪」