お正月用の”めで鯛”を釣る!

睨み鯛は自分で釣れるのが、釣り人の特権ですね♪

「お正月」をあらためて考えみます。何を祝い、何がおめでたいのか?深く思いを巡らす事も無く、今日まで生きて来たことに、思わず赤面です。さて、一年の最初の日に何を僕はお願いするのだろうか?この時、誰にお願いをするのかも分からずに、お神酒を頂いていました。

調べてみると「年神様」を家にお迎えし、お祝いをして一年の家族の安寧を願いし、健康を約束してくれる行事がお正月なのです。又、「山の神」「田の神」「海の神」「その地の神」にも繋がり、「祖霊・ご先祖様」のことでもあると考えられているようです。「年神様」とお祝いをするのに欠かせないのが”おせち料理”です。おせちで重要なのが「睨み鯛」です。地元の海の天然真鯛を自分の手で確保する、この課題が私の楽しみでもあります。

最高のジアイを考えて釣行します。

雨の予報が夕方にズレた12月中旬、曇天で風も無く寒さも和らいだ正午過ぎ、満潮が12時前後で下げ三分を目指し、田ノ浦を目指します。波止の外側に出てみると、何と、1名の釣り人しか居ません。流石に平日の冬の雨予報では、好ポイントでも釣り人は限られています。「これは、のんびり釣れる♪」と心が躍ります。早速と釣り支度を整え、カゴ釣り開始です。午後3時頃がジアイと考え、アミエビを投入してアタリを待ちます。

「エっ~、エサ取りが少なすぎ」で苦戦です(>_<)

曇天で風も無く、絶好の釣り日和と期待に胸膨らませて来たのに、アタリが有りません。タナを深くしてもサシエが残り、魚の気配が薄く感じられます。潮も思ったほど流れなく、何か嫌な雰囲気が流れます。でも、焦らずにカゴ釣りを楽しむ事にします。ウキを見ているだけで幸せ気分の私は、貧果にも慣れっこです。

海の神様が、恵んでくれました(^^♪

午後3時を回り、少し小雨もパラつきます。「大きな鯛は要らないから、お重箱サイズ1枚だけお願いします」と手を合わせ、心の中で祈ります。その後20分ほど経過した時に、少しづつ左に流れが出だします。すると、うんともすんとも言わなかった遠投ウキが「スッー」と海中に消えます。アワセを入れると少し抵抗が有り、クックッと竿を絞り込みます。間違いなく小型の鯛だと感じます。手応えで、30cmまでのカスゴクラスです。
釣り上げてみると、予想通りのカスゴ。でも、ヒレもピンとして美しい魚体です。「海の神様、ありがとう~」

日本人に取ってにお正月は「特別な日」。そして、特別なお魚、真鯛。

釣り人として自分で釣り上げた魚で祝い、お神酒を頂く事に別格の幸せを感じます。

こんな細やかな楽しい出来事の積み重ねが、健康寿命を延ばす事に繋がると思っています。

四季を通じて、豊かな自然に感謝する。

そして、釣りをしながら、四季を楽しむ。

これからも、釣りで健康寿命を延ばすぞ~!