「釣道極める」遥かなり

理想の釣り「日々是幸楽釣」を追い求める。

昭和生まれの悪い癖とも言うべき、昔人間を気取りたがり、「明治は遠くなりにけり」とばかり、令和の時代に突入し、昭和の時代「あの頃は良かったな」と振り返りながら、自分達が子供の頃よりの習慣である、学びの基本となる「道」へと導きます。

徳川家康ではありませんが「重き荷を背負い、遠き道を行くがごとし」、自分の進むべき道を歩み切る、極める為の「道」を求めがちなのです。

私の考える「釣道」とは

私も歳を取りました。今年で還暦前、年齢を重ねて、見える景色も変わりました。若い頃は「夜明けは、釣場で迎えよ」とか、「朝から晩まで釣りをして、初めと釣りをしたと言え」等、随分と無茶な言葉で「釣道」を唱えていました。それから、大きな魚を釣る・たくさん魚を釣る等、釣果を極める日々も過ごしました。

私の釣りへの思いが変わるきっかけは、カーラジオから流れてきた「美空ひばり」の”柔”と言う歌です。若くして亡くなった母の大好きなひばりさんには、特別な思いも有って、耳を澄ませて聞き言っていました。

そして、その歌詞が私には

♪釣れると思うな 思えば負けよ
ボウズでもともと この胸の
奥に生きてる 釣り人の夢が~

と、聞こえたのです。

「釣り人の夢」とは何か?それは、釣りをしている時に感じる、幸福感ではないでしょうか?釣りの道を究めた時、釣果などの結果でなく、いつでも釣りが楽しいと思える心境に至る事だと、私は思っています。

日々是幸楽釣

釣れても釣れなくても、ウキを眺めているだけでも、幸せを感じる。平和な日本だから、水辺で一人、のんびりと過ごせる。この事に感謝し、自然と戯れる瞬間を大切にする。釣りが出来る毎日、釣りをしながら時を楽しむ事に幸せを感じる。

これが、私の理想とする、釣りの姿であります。でも、釣れない時に感じる不満は雑念として、今でも心を乱します。そして、自分自身の楽しみでなく、より沢山の方に釣りの楽しみを感じてもらい、釣りの素晴らしさを知って頂きたい。
その先には、釣りで健康寿命を延ばす事が、一つの幸福感を得る事に繋がると信じています。

そうなのです、まだまだ、千里の道の一歩を踏み出したばかり、遥かな道のりが待っているのです。

より多くの人と、釣りがしたい。釣りを通じた出会いが、人生を豊かにする。

独りよがりの釣りでは感じない、暖かな喜びを心に沁み込ませたいのです。

まだまだ、修行が足りません。

昭和生まれは、道に拘ります!

でも、険しさでなく、プレッシャーも無く、楽しくて面白い、微笑みながら進む道を歩んでいます。

釣り人口を考えると、日本の未来が見えてきます

釣り人口が増えない原因は「少子高齢化対策の放置」

日本の現状「超少子高齢化」が明らかになっているのに、抜本的な対策を見出せない政府。遂に出生数が90万割れするのが現実化になり、ニュースでもちきりです。このブログでも何度か取り上げましたが、釣り人口グラフは恐ろしいほどの「少子高齢化」です。日本の出生率減少のの数値以上に、加速化が懸念されます。

政府の事を批判している場合ではありません!

では、釣具業界に目を向けてみますと、釣り人口拡大の普及活動は従来と変化は見受けられません。「フィッシングショー」での来場者数を意識し、その場の盛り上がる雰囲気を世の中全体のムードと勘違いし、現状に満足しているのでは無いでしょうか?「釣り好きの為の釣具見本市」をあくまでもファン感謝のお祭りと考えるなら問題は無いのでしょうが、釣り人口増加を意識して釣りの普及が含まれているなら、昨年のフィッシングショーは潜在需要の掘り起こしに一役買ている様には思いません。

昨年末のラグビーワールドカップで話題になった「にわかファン」でも良いので、釣りに少しでも興味を示す戦略を構築しなければ行けないのではないでしょうか?釣りをすると「楽しい」。この楽しいが何であるかを明確に示し、釣りをする事の素晴らしさを感じてもらう施策が必要な気がします。だからこそ「にわか釣りファン」を作る為に、何をしなければいけないかを、真剣に考える時代なのです。

5年後の釣り人口増加数の数値や、10年後の釣具業界全体の市場規模の数字を明確に示し、新たな市場の掘り起こしと、新たな釣りの世界を想像するビジョンを作って頂きたいと思っています。

内需の現状に目を覆い、輸出需要に頼るのでは「日本の釣り」の未来は見えて来ません!

「日本の釣具は世界でナンバーワン」

釣具の輸出額は年々増加し、その需要は止まる事を知りません。ロッドやリールのみならず、ルアーにバラ針から小物まで、メイドインジャパンが大人気。 電化製品や薬だけでなく、日本製の釣具の性能の良さは世界各地でお墨付きです。当然の事、各釣具メーカーの戦略は輸出市場に軸を移し、人材も資本も投入します。

そして、日本国内の観光事業もアウトバウンドからインバウンドへ移行し、訪日観光客数は4000万人を突破します。ここで考えなくてはならないのが、モノからコトの時代だと言う事です。訪日観光客の爆買いが終了し、アクティビティ体験が主流となって来ました。その中でも「文化体験」がキーワードで、日本を感じられる体験を求めて、日本の各地を散策する時代なのです。 だからこそ「日本の釣り文化」を今一度考え、繊細で趣のある日本釣りを廃らせてはなりません。日本の釣り文化が日本の釣具を発展させ、世界で一番の道具が生まれたのです。

未来永劫の日本の釣りの為にも、後世に引き継ぐための新たな釣り好きを育む体制づくりが必要なのです。

少子高齢化対策の第一歩は、ミドルからシニアへのアプローチなのです。

新たなファンを獲得する為の施策は、ジュニア向けだけではありません。ミドルからシニアへのアプローチが最も肝心で、その取り組みに進歩が見受けられません。遊びを継承するのに、父から子への時代では無くて、祖父から孫への時代だと考えると、ミドルからシニアへのアタックは重要です。

そして、店舗にシニアのスタッフが少ないのも、シニア層の初心者が敬遠する原因の一つかもしれません。生涯現役で活躍の時代です。もっと、釣具店の店頭に元気なシニアが存在しても、良いのではないでしょうか?釣り人口を考えると、元気なミドルの活躍がキーワード。 釣具店の店頭や釣りの現場にも、リードするシニアの存在が活性化に繋がるのです。

元気で長生き。そうなのです「健康寿命を延ばす事」が明るい日本の未来を築き、少子高齢化を助けるのです。

釣りと健康寿命について

スポーツフィッシングを考えてみる

大辞林第三版の解説によると
スポーツフィッシング【sports fishing】
キャッチ・アンド・リリースを前提とする、魚との駆け引きや釣る行為そのものを楽しむ釣り。
狭義にはゲーム性の強いルアー・キャスティングやフライ・キャスティングをさす。
と、あります。

欧米諸国での漁業と遊漁の違いを明確に表す為に、ゲームフィッシング・リクリエーションフィッシングと同じ意味合いで使用されているようです。

私的には日本で行われている「趣味の釣り」は、広い意味合いでスポーツフィッシングだと感じています。”心技体”を楽しみながら「頭と心と体を整える」素晴らしい趣味だと思っています。

頭を整える

スポーツは、肉体全体を使います。筋肉を鍛えるのもスポーツですが、脳を鍛えるのもスポーツです。全てのスポーツにおいて、頭脳を使わなければ、素晴らしいプレーも楽しい瞬間も訪れる機会は減少します。

野球でもラグビーでも「戦略」が重要です。勿論、釣りも頭を使います。いろんな知識を身に付けなければ、お魚との出会いは「偶然」に頼るしかありません。
偶然の出会いも素晴らしいですが、「必然」に近ずく戦略を構築するのも楽しみの一つです。そうなのです、いろんな事を想像するのも頭の体操です。

だからこそ、脳を活性化して健康寿命に繋がるのが、釣りの良さだと思っています。釣りは推理ゲームとも言われ、魚との出会いの瞬間を考えて、想像する趣味なのです。頭を柔らかくするトレーニングの一つで、想像力が豊かでないとお魚との出会いに機会は減ります。 認知症予防の一つに「脳トレ」が有ります。ズバリ、リアル脳トレの一つが、スポーツフィッシングです。

心を整える

今年は、オリンピックイヤーです。日本国中に歓声が走る「東京オリンピック」が始まります。でも、五輪開催時にメダルを逃すとよく言われるのが、日本人のメンタルの弱さです。元来、精神統一等、メンタルにはタフであった日本人が、何故、本番に弱く脆いのでしょうか?

「緊張」「責任」等の重圧から解放される術を見出せず、精神論ばかりに頼った時代が長かったからではないでしょうか。故に鍛えられた肉体に反し、「短命」等の議論があるのかなと思っています。心と体のバランスが、健康と密接に繋がっていると言われています。本来のスポーツは「楽しみながら」行うモノではないでしょうか?”ワクワク・ドキドキ”を楽しみに感じ、身も心も解放されるのが「爽快」「活力」に転じ、メンタルが豊かになるのではないでしょうか?

釣りは「精神性」を豊かに育み、”期待”に胸を弾ませるスポーツの一つです。ヘラブナ釣りやタナゴ釣り等は「静」の心を育み、投げ釣りやルアーフィッシング等は「動」の心を養います。そして、全ての釣りが魚との会話を楽しむ事を創造する、スポーツフィッシングだと思っています。

体を整える

スポーツの主な目的の一つが、体を鍛える事です。筋肉量を増やし、運動能力を上げる事を目指します。鍛えに鍛えた筋肉は美しく、又、頼もしく映ります。しかしながら、厳しいトレーニングに挫折する人も多く、日本の健康寿命は問題視されています。

でも、私は鍛えるでなく”整え”る事を目指しています。軽いジョギングや近距離サイクリング等は、鍛えるより整えるに近いと考えています。軽い運動は習慣化し易く、リラックス効果も合間って、楽しく運動が出来ます。容易く気軽に趣味と融合して、体を整える事を習慣化出来れば、健康寿命を延ばす事に繋がると考えています。

ここで、釣りの出番ですよね!釣りも無意識のうちに適度な距離を歩き、上半身の運動として、キャスティングしたりリールを巻いたりして、いろんな筋肉を使用しています。しかも、海風や山間の美味しい空気を吸って、美しい風景を眺めながら、行動しているのです。こう考えると、やつぱり、釣りは”れっきとしたスポーツ”でしょう。

もっと、釣りを楽しみたい。

いろんな魚と出会いたい。

そして、沢山の人々に、釣りを楽しんで頂きたい。

手軽に、気軽に、安全で安心に、素晴らしい日本の釣りを体験してもらいたい

の先には、世界一の健康寿命の国”JAPAN”が待っている。

健康寿命の金メダルを目指そう!

釣りが教えてくれた「人生の過ごし方」

釣りで学んだ人生学

気が付けば”釣り”が趣味となり、そして、職業となっていました。もし、釣りを始めなければ、私の人生はかなり違った歩みをしていました。釣りに出会い、釣りを楽しみながら、年月を重ねて「生きる課題」を見出せました。自分でも振り返ると「七転八倒」の人生で、それでも面白くて愉快な時間を過ごせたのも、釣りとの出会いがあればこそだと思っています。

そして、釣りから学んだ処世術と言うには憚れますが、私なりに人生に役立ったことを思い起こて、お伝えしたいと考えました。

釣れない時に感じた「不満」を「我慢」し、待つ事の大切さを知りました。

釣り人は”いらち”。大阪弁で言う「せっかちな人」。短気な人程、釣りが上手になる等と言われます。実際、釣果が出ないとあれこれと考えて、仕掛けを変えたりエサを変えたりと、こまめに手立てを考える事が上達の近道と言われています。

私もお恥ずかしながら、人一倍の”いらち”なのです。ジッとしている事が苦手で、待つ事が苦手でした。釣れないとアレコレ考え、最後は場所移動を繰り返す事もありました。しかしながら、ある釣り場が好きになり、四季を通じてその場所に通い、同じポイントでカゴ釣りを楽しむようになり、考えが変わりました。
その釣り場は渡船利用で、釣り場も限られている短い波止です。でも、釣果は安定していて、近場で大物も釣れる好ポイントなのです。通う内にベストな仕掛けとタナ等が解り、季節と狙い魚毎に一定の法則を自分なりに見出しました。この域に達するまで、ドタバタの釣りを繰り返し、ジアイを逃したことも幾度と経験しました。

そして、自分なりの「釣りの楽しみ方」が分かったのです。この釣り場のその日のベストな仕掛けとタナ等を調整すれば、後はジアイが来るのを待つだけなのです。もし、釣果が出なければ、その日の釣り運が無かったと諦められるようになりました。人生にも応用できるようになり、不満を解消する手立てを考え抜き、しっかりと準備が出来れば、後は運気の潮目が変わるのを待つだけなのです。
でも、結果が悪い場合もありますが、ベストを考えての事ですので、運が無かったと諦める事が肝心だと理解するようになりました。又、運が向くまで楽しみながら、ベストを尽くすことの大切さを重要視しています。

想像する事の楽しさと、創造する喜びを教えて頂きました。

釣りに行く前に釣り人は「想像」します。釣れる魚の大きさや大漁等、期待で胸が膨らみます。又、寝床に居ながら、釣り場での行動を想像しています。歳を重ねても「ワクワク感」は失いません。釣りは、行く前から楽しいのです。それは、釣った体験が素晴らしく素敵で、釣りの魅力が心に刺さったからだと思っています。そして、全く同じ体験が2度出来ないのを知りつつ、それ以上の体験を期待しているからではないでしょうか?

そして、新たな仕掛けやあれば便利な釣具を創造し、思い描く楽しみを知り、
創り出す喜びも知りました。自分だけの世界観を創り、そして、人々に公開し、賛同を得る喜びは、他に得難いものが有ります。いつの日か、仕事に関してもこの事を当てはめ、成功事例を思い描き「ウキウキ」しながら出社しました。そして、仕事にも面白いアイデアが”何かないか”を常に考え、楽しみながら仕事をしていました。

釣行時、悪いイメージを思い描きません。常に、ポジティブシンキングです。この時のストレス解放感は半端なく大きく、明日への活力に多大なる貢献をしてくれました。釣りから学んだ「仕事術」、想像力と創造力を楽しみと喜びに繋げると、面白い仕事が出来る土台となります。

孤独な時間の大切さを、身をもって感じました。

寂しがり屋の私は一人で居るのが苦手で、単独行動が出来ないタイプでした。幼少の頃より大勢の仲間と遊び、釣り仲間とワイワイ言いながら釣行するのが大好きでした。そんな私が40歳の半ば頃から人付き合いに疲れ、他人に調子を合わせるのが苦しくなりました。釣りの方も自分のペースで釣行計画を練り、自己判断で楽しめる単独釣行がメインになり出しました。

始めた頃は一人で居るのが退屈な時間も有、釣れた魚を共に喜ぶ友が無いのを寂しく感じた日も有りました。そのうち、暇な時間を仕事の事や家族の事等、未来の事を深く考える時間にする事にしました。干潮時や潮止まりの釣れない時間、ウキを眺めながら未来を想像する楽しみを覚え、一人で過ごす時間が大切に感じ出しました。釣果も自慢するのでなく、自己満足に留める面白さも知りました。

人間、一人では生きれないけど、一人で過ごす時間も重要なのだと感じられた事は、何かを会得したように思います。

釣りを始めってよかった。

人生で何が大切なのか、釣りが教えてくれました。

そして、自分がすべき人生の目標も見出してくれ、生きる喜びを与えてくれました。

その一つが、釣りで健康寿命を延ばす。

そして、新たな釣りビジネスモデルを創造し、釣り人全ての人生を豊かにしたい。

令和の新時代の幕開けと共に、一歩づつ前進して行きます。