釣りが教えてくれた「人生の過ごし方」

釣りで学んだ人生学

気が付けば”釣り”が趣味となり、そして、職業となっていました。もし、釣りを始めなければ、私の人生はかなり違った歩みをしていました。釣りに出会い、釣りを楽しみながら、年月を重ねて「生きる課題」を見出せました。自分でも振り返ると「七転八倒」の人生で、それでも面白くて愉快な時間を過ごせたのも、釣りとの出会いがあればこそだと思っています。

そして、釣りから学んだ処世術と言うには憚れますが、私なりに人生に役立ったことを思い起こて、お伝えしたいと考えました。

釣れない時に感じた「不満」を「我慢」し、待つ事の大切さを知りました。

釣り人は”いらち”。大阪弁で言う「せっかちな人」。短気な人程、釣りが上手になる等と言われます。実際、釣果が出ないとあれこれと考えて、仕掛けを変えたりエサを変えたりと、こまめに手立てを考える事が上達の近道と言われています。

私もお恥ずかしながら、人一倍の”いらち”なのです。ジッとしている事が苦手で、待つ事が苦手でした。釣れないとアレコレ考え、最後は場所移動を繰り返す事もありました。しかしながら、ある釣り場が好きになり、四季を通じてその場所に通い、同じポイントでカゴ釣りを楽しむようになり、考えが変わりました。
その釣り場は渡船利用で、釣り場も限られている短い波止です。でも、釣果は安定していて、近場で大物も釣れる好ポイントなのです。通う内にベストな仕掛けとタナ等が解り、季節と狙い魚毎に一定の法則を自分なりに見出しました。この域に達するまで、ドタバタの釣りを繰り返し、ジアイを逃したことも幾度と経験しました。

そして、自分なりの「釣りの楽しみ方」が分かったのです。この釣り場のその日のベストな仕掛けとタナ等を調整すれば、後はジアイが来るのを待つだけなのです。もし、釣果が出なければ、その日の釣り運が無かったと諦められるようになりました。人生にも応用できるようになり、不満を解消する手立てを考え抜き、しっかりと準備が出来れば、後は運気の潮目が変わるのを待つだけなのです。
でも、結果が悪い場合もありますが、ベストを考えての事ですので、運が無かったと諦める事が肝心だと理解するようになりました。又、運が向くまで楽しみながら、ベストを尽くすことの大切さを重要視しています。

想像する事の楽しさと、創造する喜びを教えて頂きました。

釣りに行く前に釣り人は「想像」します。釣れる魚の大きさや大漁等、期待で胸が膨らみます。又、寝床に居ながら、釣り場での行動を想像しています。歳を重ねても「ワクワク感」は失いません。釣りは、行く前から楽しいのです。それは、釣った体験が素晴らしく素敵で、釣りの魅力が心に刺さったからだと思っています。そして、全く同じ体験が2度出来ないのを知りつつ、それ以上の体験を期待しているからではないでしょうか?

そして、新たな仕掛けやあれば便利な釣具を創造し、思い描く楽しみを知り、
創り出す喜びも知りました。自分だけの世界観を創り、そして、人々に公開し、賛同を得る喜びは、他に得難いものが有ります。いつの日か、仕事に関してもこの事を当てはめ、成功事例を思い描き「ウキウキ」しながら出社しました。そして、仕事にも面白いアイデアが”何かないか”を常に考え、楽しみながら仕事をしていました。

釣行時、悪いイメージを思い描きません。常に、ポジティブシンキングです。この時のストレス解放感は半端なく大きく、明日への活力に多大なる貢献をしてくれました。釣りから学んだ「仕事術」、想像力と創造力を楽しみと喜びに繋げると、面白い仕事が出来る土台となります。

孤独な時間の大切さを、身をもって感じました。

寂しがり屋の私は一人で居るのが苦手で、単独行動が出来ないタイプでした。幼少の頃より大勢の仲間と遊び、釣り仲間とワイワイ言いながら釣行するのが大好きでした。そんな私が40歳の半ば頃から人付き合いに疲れ、他人に調子を合わせるのが苦しくなりました。釣りの方も自分のペースで釣行計画を練り、自己判断で楽しめる単独釣行がメインになり出しました。

始めた頃は一人で居るのが退屈な時間も有、釣れた魚を共に喜ぶ友が無いのを寂しく感じた日も有りました。そのうち、暇な時間を仕事の事や家族の事等、未来の事を深く考える時間にする事にしました。干潮時や潮止まりの釣れない時間、ウキを眺めながら未来を想像する楽しみを覚え、一人で過ごす時間が大切に感じ出しました。釣果も自慢するのでなく、自己満足に留める面白さも知りました。

人間、一人では生きれないけど、一人で過ごす時間も重要なのだと感じられた事は、何かを会得したように思います。

釣りを始めってよかった。

人生で何が大切なのか、釣りが教えてくれました。

そして、自分がすべき人生の目標も見出してくれ、生きる喜びを与えてくれました。

その一つが、釣りで健康寿命を延ばす。

そして、新たな釣りビジネスモデルを創造し、釣り人全ての人生を豊かにしたい。

令和の新時代の幕開けと共に、一歩づつ前進して行きます。