歩調を合わせる事は、健康寿命を延ばす”秘訣”の一つです

夫婦で仲良く歩いています♪

令和3年が間も無く開けます。私、新年を迎えると還暦です!
早いものですね~。駆け足で過ぎた60年です。
妻と知り合い35年程、長い年月を共に歩んできました。夫婦喧嘩も良く致しましたが、妻の寛容なる性格のお陰で無事過ごしております。

”健康寿命を延ばす”をテーマに釣りを主体とした行動を取って参りましたが、 改めて最近感じる事があります。夫婦仲が良いと、頗る体調が良いことに気付きました。

今回は私見ではございますが、歳を重ね夫婦のあり方が”健康寿命”に左右するお話です。

① 喧嘩は次の日に持ち越さない

若い頃は喧嘩をすると何日も口を利かなかったり、食事を別の時間に食べたり等、すれ違う時間が多くなり、ストレスが溜まる事で労働意欲の減退などの悪循環ばかり。やはり、気分がすぐれないと体調にも影響が出ます。

40歳代までなら体力でカバー出来ましたが、50台半ばより精神的ダメージが残ります。

喧嘩しないようにすれば済む事なのですが、言いたい事が言えない間柄は逆にストレスが増幅し危険です。お互いのルールとマナーを設定し、「ディスる言葉」「同じ言葉の繰り返し」を出来るだけ避けて、言いたい事はトコトン言う。そして、必ず、翌日には普通に接する。

これなら、喧嘩がし易くて、ストレス解消にもなり、健康にも影響が出ません。

② 時間が合えば、二人で買い物に行く

新婚の頃は二人で買い物に出掛ける事も多かった日々が、時が経つにつれて別々に買い物に行く時間が増え、同じ感覚でショッピングを楽しむ事を忘れていました。歳を重ねるとお互いの食べ物の趣向が合いだし、同じ食べ物を食べたくなる機会が増え、素敵な買い物が出来るようになって来ました。 食事の時間がまでが楽しくなり、これこそが「健康寿命の素」かなと感じ始めています。

二人で楽しく選んだ食材で、愉快に食事をしている時間が贅沢に感じられ、知らない間に出来上がった「不思議な感覚」に感謝する日々です。

③ 週に3度、二人で散歩が日課です

50歳を境に夫婦で散歩がてらの時間を持ち出し、健康維持を兼ねての歩きタイムの習慣化を目指してきました。始めた頃は私の歩むスピードが速く、妻のボヤキを聞きながら歩く日々でした。「何でそんなに早く歩くの!」「人を労わる気持ちが無いんか!」等、怒りながら歩く妻を宥め乍ら歩いていました。

しかし、いつの日か「あんた、歳とったな~」と私の歩く速度が遅いと言うようになりました。「ワザと私に合わせて歩いてるの?」と言う日もあり、私は心の中で妻に感謝を伝えています。ここまで共に歩んでくれた時間の長さが、同じ速度で歩む努力をした妻の脚力増なのです。彼女の中では気付かない現象で、私の中では解り始めた事柄なのです。

喧嘩しながらも共に歩く事で、知らず知らずの内に歩みを同じ時間に調整しだしたのです。日々の微調整を繰り返しながら、お互いの気持ちのバランスで歩み寄る。

お互いの健康な時間を共有する事で、一人での散歩では感じる事の出来ない大切なモノを掴む事が出来ました。

歩く事は「スタート」です。

歩き続ける事が「二人のゴール」です。

一人で歩く時間から、二人で歩く大切さを感じ、紆余曲折しながら歩み続けました。そして、今、歩調が合いだしました。

一言言えることは、共に歩き出して良かった。