デジタル化が進む令和時代、釣りでの新たな健康寿命を考える。

IT化で釣具業界も変わる!

ネット社会を身近に感じる今日この頃、大阪でのフィッシングショーもスタイルが大きく変わりました。リモートアクセスが容易になり、瞬時に各地で同時に物事が映像化され、生配信の魅力が余すところなく発揮されたています。対面での会話が無くなった寂しさを感じつつも、新たな試みにチャレンジする事の素晴らしさを体現できる喜びを覚えています。

しかしながら、巣ごもりによる健康寿命の悪化も伝えられ、外出機会の喪失の影響の大きさをあらためて感じています。ミドルからシニア世代の健康増進の為、ITがもたらす新たなイノベーションを釣りに活かしながら、健康寿命との関連を考えてみたいと思っています。

身近な釣りの距離が、更に近くなる!

昭和時代の釣り番組と言えば「11PM」での、釣りコーナーでした。大橋巨泉さんの名司会で人気のテレビ番組。いろんな「大人の遊び」情報を提供する中で、釣り雑誌や釣り入門書で有名な服部名人が、日本全国の釣り場を紹介する内容が視聴者に受けて、釣りブームを巻き起こします。

今では考えられない時間差のある情報でしたが、新たな釣りの世界をブラウン管を通して、お茶の間に釣りの魅力を届けていました。それが現在の令和の今日、誰しもが携帯電話やノートパソコン等でのライブ配信で、釣り場のリアルな情報を映像で紹介出来る時代がやってきたのです。

又、YouTube動画でのオリジナリティ溢れる構成で、誰しもが自分の釣りを表現出来る時代に突入し、釣り情報や釣具の紹介等、多彩に提供出来るのです。本当にコアな先の尖った「○○の波止の釣りライブ情報」が、現在進行形でその情報の欲しい人に伝える事が出来、臨場感一杯の場面が提供できる時代なのです。

身近な釣り場の身近な情報が、より正確により早く配信でき、釣りの楽しみの幅が広がる気がします。 釣りに行きたくなる雰囲気が醸し出されれば、自宅にジッとして居られなくなります。

情報の選択肢が広がれば、あらゆるフィールドにチャレンジしたくなり、活動範囲も広がります。

さぁ、春の足音が聞こえてきました。

釣りに出掛けよう!

時代に乗り遅れないで、新たな列車に飛び乗ろう!

勿論、釣り以外にもデジタル化の波が押し寄せ、健康産業の分野にも幅広く取り入れられ、健康管理も凄く便利なアプリが開発されています。

ストレスチェックから体重管理や睡眠管理、フィットネス関係の記録機能が出来るモノまで、多彩なアプリが豊富にあります。しっかりと健康管理が出来れば、不安無く釣りに出掛けられます。スマホで簡単に健康管理を始めれば、手軽に健康寿命を延ばす手助けのヒントが得られ、釣りを楽しむ事が出来ます。

私は歳のせいにして、デジタル化を拒みません。

気持ち良く、フィッシングライフを楽しみます♪

新型コロナが落ち着いた時、一騎に新たな波が押し寄せます。

コロナ禍後の新時代が幕を開け、釣りの未来がやってきます。

健康寿命を延ばす”新時代の釣り”、模索して行きます!